2013 01123456789101112131415161718192021222324252627282013 03












スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アルコール依存症 VS 意志

 ちょっと一杯のつもりで、呑んで~
         いつの間にやらはしご酒~  という歌がありましたが

以前の私の飲み方も、飲んでいる時は楽しいから、辞められない。
とことん飲んでやるぅ  ・・この歌のようでした。

アル症は自分の意志で、お酒をコントロール出来ない病気
という認識はありましたが、この本で、すさましさを知りました。

主人公の小島は、入院中にもかかわらず、病院を抜け出しそばを食べに行きます。
そばだけのつもりが、ビールから日本酒へ。
飲みだしたら、止まらない 次にバー。水割りをWで6杯。
読んでいて、だんだん腹が立ってきました 
      ( ↓ 怒りの為に、箇条書)
 1.入院中病院を抜け出した時
 2.そばでなくビールを  飲んでいる時
 3.二件目に行く道中
 4.バーで入院中なのに、W6杯飲んでいる時
 5.閉店時間が過ぎ、店の人に迷惑をかけている時

こんなに沢山の、病院に帰る ポイントがあったのに、
帰れないなんて・・・
病院に帰らなければならない。帰るべきなんだ。という意志はあったのでしょうか
その意志をも負かすのが、アルコール依存症という病気の症状だとしたら、
言葉に出来ませんでした。
                             感想文TOPへ→


 ↓ 更新の原動力になってます^^
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村 


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。